秋のとある休日

島ぐらしダイアリー 島の休日

今日は朝から集落の清掃がありました。メインロードの草刈りやゴミ拾いなどのかんたんなお掃除です。
普段は人・車とすれ違わない日があるくらい人気がなく静かな集落ですが、このような行事のときは、こんなに住んでたんだ!と驚くくらい大勢の住人が集結します。

ゴミを拾いながら近所のおばあちゃんに冬の畑の相談を。今からなら豆とか白菜とかほうれん草やな~と色々教えてくれます。毎年(今年はコロナで中止)10月16日が島の秋祭りの日なのですが、”太鼓の音が鳴ったら豆の植え時”、と伝えられているとのこと。こういう話はほんとに貴重で面白いな~と思います。
田舎に越してきたらこんなこと(地区清掃)があって大変でしょうと言われることもあるのですが、私はいつも楽しく参加させてもらっています!

その後は脱穀のお手伝いのため田んぼへ。
2週間~天日干しをした稲穂は、水分量を測って脱穀の日が決まるんだそうです。
私の役目は干した稲穂の受け渡しのみですがそれでも結構な重労働でした…。新米を食べられるのが楽しみです!

今日はそんな「ザ・田舎暮らし」のとっても良い秋の日でした🍁

関連記事

最近の記事

  1. 人とのつながり方

  2. 居酒屋もあります

  3. 干し柿はじめました

  4. 秋のとある休日