人とのつながり方

島ぐらしダイアリー 島人・交流

縁もゆかりもない土地に移住する場合、知人友人のつくりかたが心配という方もおられると思います。
近隣の関係に関しては、特に一軒家などに住むとガッツリ地域に入ることになりますので、挨拶等を通して自然とご近所同士知り合うことができますし、年数回ある地区別の行事などに積極的に参加していれば特に心配することはないと思います。
それ以外、例えば同年代の繋がりだとか、他地区の知り合いづくり…となると、以下の4パターンになるのかなと思います。
1 交流型のカフェで繋がる(店主さんがお客さん同士つないでくれることもあります)
2 知り合いの知り合いと知り合いになる(ごはん会に呼んでもらって行くと、はじめましての方がいることもあります)
3 サークルで知り合う(把握ができない位多数のスポーツ・文化系サークルがあります)
4 イベントで知り合う

4の「イベントで知り合う」ですが、コロナ前は頻繁に開かれていた飲食・音楽イベントが、コロナ禍でほとんどなくなってしまっていました…、が、11月に入ってから島のあちこちでイベントが行われるようになってきました(嬉しい!)。こうしたイベントに行くと、連絡しあう関係ではないけれどお顔だけ知っている人とお話できたり、はじめましての方とご挨拶ができたり。一人で飛びこむには少し勇気がいるかもしれませんが、単純にイベントを楽しむ・誰かとお話できたらラッキ~くらいの気軽な気持ちでいくと、思いの外たくさんの素敵な出逢いがあるかもしれません。

※(このままコロナが落ち着けば)トティエでも、移住希望者・移住者を交えた楽しいイベントを開催できればと企画中です♪こんなイベントを!という案がある方はメールください☆

Kana

2020年2月に単身移住。
現在は商業エリアからは離れた地域に住み、近くの畑での家庭菜園や稲作チャレンジなどをして島ぐらしを楽しんでます。

関連記事

島ぐらしブログ

  1. 美味しいものは元気の源

  2. タケノコ

  3. 島の交通安全

  4. 島のnew本屋さん