虫との共生

島ぐらしダイアリー 島の日常

私の暮らす一軒家は島内でも自然豊かな地域です。
小豆島で初めての夏を迎えようとするなか、早速洗礼を受けることになりました。
その主役は「クモ」。十数センチあるクモがいつのまにか、家の至る所に張り付いています。そのビジュアルから最初こそ、傲慢ながらも「はやく出ていってほしい…」と思ってしまう自分がいましたが、家中のゴキブリや蝿を食べてくれているありがたい益虫と知り、今や愛おしくさえ感じています。
そんなクモのように決して好きにはなれない虫とも共生しなければなりません、その代表格は「ムカデ」。
都市部でも稀に遭遇することはありましたが、就寝中に噛まれたり、入浴中にひょっこり顔を出したり・・・。日常的に出くわすのは初めての経験です。
噛まれると腫れてとても痛いし、何をしてくれるわけでもないので、殺虫剤片手に彼らとの攻防戦を繰り広げながらの生活です。

※カニも出会います(家の中にも)。
季節になると大勢のカニが道路を歩いていらっしゃるので運転に注意です

関連記事

最近の記事

  1. 釣りたてお魚

  2. 暮らし方はいろいろ

  3. 家を決めるポイント?

  4. 1日の終わりに