土庄町地域おこし協力隊の募集がはじまりました![豊島の農業振興:2名]

土庄町で地域おこし協力隊の募集が開始しました!
☆「移住定住促進活動」を行う協力隊も同時募集しています☆

///
小豆島の西側に位置する人口700人強の小さな島、土庄町豊島(てしま)。近年は、豊島美術館や瀬戸内国際芸術祭で広く知られるようになり、観光の島としても注目されています。
小豆島土庄港からはフェリーに乗って35分ほどで到着。島内には、スーパーマーケット等の商業施設や総合病院はなく、四方を自然に囲まれ静かで穏やかな時間が流れています。
豊島では、島の中央にある檀山からの豊かな水を利用して、古くから稲作や農業が盛んに行われてきました。しかし、時代とともに農業の担い手が減少し、瀬戸内海を臨む唐櫃(からと)地区の棚田は耕作放棄地が増え、荒れ地となってしまっていました。約10年前、これを案じた島民、美術館を運営する(公財)福武財団、行政が連携して「食とアートの島」として豊島の振興を図ることを目的に、豊島「食プロジェクト」推進協議会が立ち上がりました。その事業の1つとして、棚田を再生する取り組みが始まったことにより、現在ではかつての美しい棚田の風景が広がり、豊島のシンボル的存在として、訪れる方を魅了しています。
現在、2名の地域おこし協力隊が唐櫃地区の棚田の農作業に従事しており、維持管理体制は整いつつありますが、依然として農業の担い手の高齢化に伴う人手不足が課題となっており、将来に向かって棚田をはじめとする景観や食文化を守っていくためには、新たなアイデアで農業を盛り上げていく必要があります。
今回、任期満了により卒業する地域おこし協力隊1名の後任として、唐櫃地区の棚田の維持管理を中心に、豊島の農業振興に取り組んでいただける方を募集します。
先輩地域おこし協力隊や地域住民から積極的に学ぶ姿勢があれば、農作業の経験がなくても大丈夫です。多数のご応募をお待ちしています!

[こんな方におすすめ!]
・豊島が好き
・島で暮らしたい/不便な暮らしを楽しめる
・人と関わるのが好き
・体力に自信がある
・農業に興味がある(もしくは経験がある)
・新たなことにチャレンジしてみたい

[こんな方がぴったり!]
・地域に溶けこむ努力ができる方
・企画力、実行力のある方
・文化やしきたりを尊重できる方
・まじめにコツコツと計画的に取り組むことができる方
・周囲の方と良好な関係性を築ける方
・年配の方とも積極的にコミュニケーションが取れる方


どんな活動をしているのか、現・地域おこし協力隊にインタビュー!

令和2年12月着任 地域おこし協力隊(豊島農業振興) 中口 元希さん

Qどのような活動をしていますか?
主な仕事は、農地の草刈りや農道の補修、害獣除け電気柵メンテナンスなど、唐櫃岡地区の棚田エリアの景観維持に関わる作業です。田んぼの時期には、田おこし、代かきなど田植えするための準備をし、田植えをしたら稲刈りまで水の管理などを行います。
その他には、サツマイモ掘り・みかん狩り・田植え体験・稲刈り体験などの農業体験イベントを実施したり、農産物を加工した商品開発・販売にも取り組んでいます。現在進めているのは、豊島の棚田米を利用した「米粉」です。

[ある日のスケジュール]
8:30 棚田に出勤
島内で行う野菜販売会の準備(野菜収穫)
10:30 野菜販売会
13:00 農作業
16:00 退勤
19:00 振り返り

Q地域おこし協力隊の魅力・やりがいとは?
地元の方々の役に立てるよろこび。

Q地域おこし協力隊として心がけていることは?
地域には様々な考えを持つ方々がいて、様々な問題を抱えています。自分は地域の方々をサポートする側として、常に中立であることを心がけています。

Q町役場との関係は?
活動内容は毎週メールで報告しています。
役場の担当者の方が月に1度来島され、会議を行っています。

Q応募される方へのメッセージ
何にでも真面目に取り組んでもらえる方に来ていただきたいです。農業経験はあるに越したことはないですが、なくても問題ありません。自分も農業経験ゼロからのスタートでした。そしてとにかくカラダが大事。夏場の草刈りは過酷なので、健康管理が何より大切です!


土庄町担当職員からメッセージ

豊島美術館の前に広がる棚田での農作業や、景観保全をミッションとして、棚田での農業体験イベントや収穫した農作物の6次化に取り組んでいただきたいです。
屋外での作業が大半でタフさが求められることに加え、離島の離島という特殊な環境ですが、自由な発想で活動してほしいです。
まずは豊島の風習や風土、文化を理解し、地域の人を知ることが重要と考えます。
農業経験の有無は問いません。
一生懸命頑張っていただければ全力でサポートしていきます!
///

応募要件等詳細は土庄町ウェブページをご確認ください!
また、今回の募集に関してzoomを使ったオンライン説明会の開催を予定しています。
担当職員から直接詳細な業務内容を聞くことができ、職場の雰囲気などを感じていただける貴重な機会ですので
少しでも興味が湧いた方はぜひご参加ください♪

日時 5月15日(日) 15時ー16時半
会場 オンライン(zoom)
スケジュール [第一部]
15:00-16:00 小豆島・土庄町の概要
今回の募集要項・募集のポイント等について
現地域おこし協力隊の活動紹介
[第二部]
16:00-16:30 質問会・交流会
◯原則、第一部・第二部とも参加お願いします。
申込み こちらのフォームからお申し込みください

 

島ぐらしブログ

  1. 今年の初花火

  2. 都市にあって島にないもの?

  3. 自然の恵みを感じながら暮らす