小豆島町 - 内海・坂手・田浦地区

坂手

島の南東にある地区で、神戸とを結ぶフェリーが運航する坂手港があります。昔から関西圏との交流が多く、話し方も住民の雰囲気もアットホームで親しみやすい気質の方が多いです。そういった地区の特徴も相まって、移住希望者に人気の地区でもあります。

 
 
 

 

 

石井岩男(岩ちゃん)
石井岩男さん
昔は干潟が広がり塩業も盛んでした。その塩を使って、上質な醤油産業が始まり、当時は醤油蔵もたくさんありました。その後醤油を使った佃煮製造が興り現在まで続いています。
2013年の瀬戸内国際芸術祭で制作された「オリーブのリーゼント」には、たくさんの方が来ていただいて、馬木地区の雰囲気も変わったと思います。また、「馬木の散策路」には私が手入れする花畑があり、内海八幡宮の山頂からの眺望もとても綺麗です。長く住んでいますが、人も優しく、静かで良いところですよ!。
 

Other Stories

島ぐらしブログ

  1. 今年の初花火

  2. 都市にあって島にないもの?

  3. 自然の恵みを感じながら暮らす